みすゞかる 信州の釣り人

体重0.14tの釣り師ですので目立つのが悩みです。 今までは写真を撮って釣行日誌としてましたが今後はブログとして趣味の歴史探索や刀剣も含めて綴ってみます。

加州陀羅尼橘勝国三代の脇差

刀剣鑑賞の朋友達である『若草会』で梅雨の宴を開催致しました。刀剣を皆で鑑賞するときに刀枕という円筒状のクッションが必要であり、その色を若草色で統一した事からきた会の名です。刀剣類は元々武器として生まれましたが、刀剣が持つ高い精神性から日本人の感性に符合して現在は美術品として愛好されております。今回は先輩が加州陀羅尼橘勝国の脇差を手に入れましたので、其のお披露目会となりました。先週の休日に地域の氏神である諏訪神社に於いて先輩の家の守刀となってもらう為に祝詞をあげてもらいました。

場所は高尾山の正式な登口に店を構える『ろくざん亭』さんです。お肉料理が最高に美味しく、雰囲気は更科の実家に帰ったような温かい気持になれる知る人ぞ知る名店です。

少し前まで店を閉めていたとの中居さんの話でした。本日は予約で満席と聞き嬉しく思いました。亡妻と思い出の名店が閉まらなくて良かったです。
f:id:rcenci:20200705172802j:plain

離れに部屋を取って頂き、早速に陀羅尼橘勝国の鑑賞と成りました。即席に鑑賞できる環境を作り皆で慧眼した次第です。加州の陀羅尼派閥とは室町時代に美濃から一向宗門徒に招かれて加賀に住した刀工が陀羅尼勝家と名乗った事に始まる一派です。その後に代が継続し、加賀前田家に藩工として迎えられ『勝国』と名乗りました。

f:id:rcenci:20200705172850j:plain
f:id:rcenci:20200705174428j:plain

此の脇差は年紀から見て陀羅尼勝国の3代目の作品と思われます。

※法量及び作風について
 銘 (表) 加州陀羅尼橘勝国
   (裏) 享保元年八月日
 刃長 39.1cm 反り0.76cm 元幅2.82cm
 先幅2.2cm 元重0.63cm
 平造り 庵棟 鑢目は筋違い
 肌は詰んだ総柾目で棟よりに板目肌
 刃文はハバキ元より三寸三分程は
 頭の揃う互の目 其の上は中直刃で
 刃縁ほつれる 
 匂い口ふっくら柔らかく明るく冴える
 金筋と砂流しが肌目に沿って
 出る箇所もある
 帽子は掃き掛けこころに浅く返る
 匂い口に叢が無く地鐵鉄も密に詰んで 
 冴えております。
 
f:id:rcenci:20200705174522j:plain
f:id:rcenci:20200705174600j:plain
f:id:rcenci:20200705174709j:plain
f:id:rcenci:20200705174755j:plain
f:id:rcenci:20200705174810j:plain
f:id:rcenci:20200705174838j:plain
f:id:rcenci:20200705174856j:plain

拵えも印籠刻みの洒落た合口拵えが目を引きます。小柄は魚子地に獅子舞図が彫られて何やら楽しげな雰囲気です。黒鮫をあしらった柄には色絵を施した秋草の目貫がつけられております。きっと秋祭りの様相を現した物だと考えます。
当時の武士の外出用だったと思われる外装ですが品がありますね。
f:id:rcenci:20200705174946j:plain
獅子頭から続く布にある模様も細密な毛彫りで現されて如何にも楽しげです。
f:id:rcenci:20200705175200j:plain
当時の金沢の職人により銀や銅の色絵が施されております。
f:id:rcenci:20200705175252j:plain

刀掛けに置かれた陀羅尼勝国の脇差にもお酒を注いでワイワイガヤガヤと楽しい時間はあっという間に過ぎました。集まった皆とは一時期において同じ時間を過ごした気心知れた仲間同士ですので話が途切れません!ろくざん亭さんのお料理も美味しく、お腹いっぱいに成りました。最後に皆で秋の歴史探索の旅の打ち合わせをして散会となりました。東京都は新型コロナウイルス感染者がびっくりするくらい増えているので無事に会う事を祈念する次第です。

f:id:rcenci:20200705175806j:plain

趣味は趣味自体の楽しみもさる事ながら、良き良き友人との交わりこそ一番の楽しみである事を確認した1日となりました。

千曲川イワナ釣り

今週は梅雨の晴れ間となりました。先週同様千曲川水系の支流にイワナ釣りにまいりました。この時期は特別な毒針を持った毛虫君達に注意が必要です。以前購入したウェーディングステッキを使ってバシバシ周囲を叩いて入渓路を進みました。今回入渓した河川は小渓の高見沢川です。

高見沢川は中学校の道を挟んだ目の前を流れており、角に有るパーマ屋さんの横を流れております。以前は此のパーマやさん横の瀬で良型ヤマメが竿を絞りました。当時はは大物が遡上致しましたが今は全くもってダメです。しかし上流部は大岩が点在し落ち込みを配した良い流れが存在して此処で繁殖しているイワナが居ります。そんなに大物は出ませんが昨年の台風で本流はズタズタになりましたので支流の魚が顕在がどうか見に行く目的もございます。実際に奥志賀の雑魚川は各支流を禁漁にして本流の魚影を保っております。支流の魚が健在なら何れ本流にも魚が戻るのです。
f:id:rcenci:20200627194258j:plain
夏でも意外に水量のある小河川ですが、梅雨の時なので更に水が太い感じが致します。期待に反して最初は何にも反応が有りませんでしたが、この落ち込みで良型が釣れました。この沢では最大級のサイズです。
f:id:rcenci:20200627194320j:plain
その後は入れ食いとなりましたが15cm程のお子ちゃまの猛アタックとなりました。 

此の一匹は岩の隙間から引きずり出しました。
f:id:rcenci:20200627194426j:plain写真では解り難いのですが、白い肌で日に焼けておりません!ヒレの色も少し違いますので下から上がって来た?仮にそうだとしたら少し期待が持てます。


曇り空でしたが、やっとお日様が出てきて初夏の日差しが林間の小沢にも注いでまありました。
f:id:rcenci:20200627194500j:plain
高低差の為に足がつりそうになり、魚も自己制限引数に達したのでお仕舞いに致しました。
尺モノは出ませんでしたが支流のイワナが健在だと本流の魚影も復活する希望が見えてまいります。
f:id:rcenci:20200627194522j:plain
流域に自生している山椒の実はまだ少しはやいです。
f:id:rcenci:20200627194558j:plain
此の川は標高が高いので今頃アヤメが咲いておりました。アヤメの花言葉は『嬉しい知らせ』ですが、何の知らせか楽しみです。
f:id:rcenci:20200627194658j:plain

久しぶりの千曲川釣行

緊急事態宣言前に千曲川の支流でイワナ釣りをしておりましたが、本流における昨年の台風被害を見る度に心が痛みました。本年3月21日にアップした春分の日の釣行で垣間見たM字型に変形した川上村男橋は強烈で表現の仕様も無い感覚でした。

何故か緊急事態宣言解除後も影響が比較的に軽微だった木曽川に足が向いてしまい、心の中で産湯を浸かった千曲川に向かう事を避けてました。しかし今回は思う処有って千曲川竜神様に詣でる事となりました。

今回は私が社会人一年目の時に人事部2年目の先輩であった渓友と一緒です。もう28年来のお付き合いで本当の兄同様です。同じ価値観を共有して気心知れまくってる渓友との釣行は何時も楽しい時間です。今回は2人で相談して秘密の入渓路(ただの強硬突破です)から杣添川中流に入りました。

昨日雨が降ったみたいで笹濁りのベストコンディションです。
f:id:rcenci:20200620203316j:plain


小さいのが5連発来てからキープサイズが釣れて来ました。
f:id:rcenci:20200620203345j:plain

その後15cmくらいのお子ちゃまが沢山来たので少し歩いて大岩を配した場所まで来ました。昨年は無かった絶好の深みが出来ており、流れの筋に餌を投入致しましたら水中の浮き玉目印が微かに流れに逆らいました。大抵この様な場合は大物が多いので強めに合わせました。激しい流れの中で激しい引きです!暴れまくってタモに収まったのはワイルドで綺麗な山の尺一寸イワナでした。
f:id:rcenci:20200620203405j:plain

自己制限引数には達してませんが、ズタズタの本流を思うと貴重な支流に生息する魚達なのでこれで止めに致しました。
帰り道は気持ちに余裕が出ると周囲の何気ないワンシーンがとても心に残ります。枯れた木に生えた苔が木漏れ日に照らされ輝いておりました。
f:id:rcenci:20200620203438j:plain
f:id:rcenci:20200620203500j:plain
 
帰りは道を間違えてしまい更なる強行突破を敢行し全身クモの巣だらけ!ヨレヨレクタクタで車まで到着致しました。今日も千曲川竜神様に有難うございましたと一礼し帰路につきました。

梅雨入りの木曽釣行

娘から『お父さん何で?』と言われても釣りに行きたくて仕方有りません。もはや病気の様相となり果てていると自覚しておりますが是非も無く、今週も木曽にまいりました。渓流魚達との出会いと近隣の皆様のお人柄も含めて此の地は正に別天地です。私の住まいより少しだけ遠い事が有りますが、昔の塩尻周りでの木曽釣行を思うと、比べようも無い程近く感じます。今回は職場の後輩も参戦します。仕事に於いて同じ車での同行訪問も既に何回もしており、同じ車に乗っていても感染は無いのは身を持って確認済みですので安心して同乗出来ます。

2人で東京を出る時はとんでも無く大雨でしたが、中央道を進むと相模湖くらいで止みました。木曽に着いたら道路は乾燥しておりました。天気予報では弱い雨が8時頃から降るとのことでしたのでカッパを車に置いて、朝一番で八沢川合流の本領に向かいました。後輩には第二ラウンドの支流を釣って貰う予定なので車で休んでおくように様に言いました。

朝露をかき分け本流に出ました。当然水色はクリアーで平水です。仕掛けを取り出し、竿先に投げ縄結びで結んでいる最中にボツボツと雨が降り出し、あっと言う間にドザーっと降ってまいりました。後輩からメールが有り、カッパの為に先程の降車場所に戻る旨を伝えてまいりましたが、既にビショ濡れなので大丈夫な旨伝えました。
f:id:rcenci:20200614084640j:plain
親の仇の様な降りッぷりで水の色が少しだけ色付いて来たので、今正に最高のタイミングと判断し、橋下の実績の有る瀬に投餌致しました。水中の浮玉目印がビタっと止まりましたので竿を立てると重く強い引きです! やり取りの末に顔を出したのは美しい魚体の太い尺上本流イワナでした。雨足が強く痛いぐらい降って来ました。水の色も大分茶色くなって来たので急いで次のポイントに進みました。20cm位のアマゴが来ましたのでホイル焼き様にビクに納めました。

f:id:rcenci:20200614084710j:plain

岸際に沈み石がある流れが出て来たので石の前で餌を吹き上がらせると小さいアタリがあり、有り難い事に再度尺上のイワナが釣れてきました。雨足は更に強まり急に水嵩も上がって来たので足湯のある階段より退渓致しました。全身ズブ濡れとなり、急いで後輩に連絡し、ピックアップして貰いました。

今日はコレでもう満足です!
f:id:rcenci:20200614084743j:plain

今度は渓流釣り初参戦の後輩に魚を釣って貰う番です。まず向かったのは熊沢川ですが、既に釣り師が2人入っておりました。其処で次に向かったのは旗上げ蕎麦源氏さんの横を流れるムサザワ川です。水色は辛うじて釣り可能でした。流れの緩みに餌を投入すると明確なアタリ!『上げろ』の一言で釣り上がって来たのは20cmの綺麗な天然アマゴでした。私もコレで一安心です。

色白美人の木曽タナビラです。f:id:rcenci:20200614084820j:plain
美しい肌に小さな朱点をちりばめた姿はいつ見ても心洗われます。その後同型のイワナを釣り上げたところで水色はミルクコーヒー色と成り終了と致しました。

お昼は久しぶりに車屋さんに伺いました。デーブルに仕切り版を設置し、入り口にアルコールスプレーを配した細やかな気配りが有り難いです! 今日は各車に運転手がいるので運転をしない先輩方と軽く体内もアルコール消毒の必要があるとの話に成り雨で冷えた体を温めました。車屋さんの心尽くしの漬物や南蛮漬けを出して頂き消毒が進みました!
f:id:rcenci:20200614084914j:plain

食事はかき揚げ蕎麦弁当です。
f:id:rcenci:20200614084937j:plain
烏賊や海老をふんだんに入れて有り、蕎麦に最高に合います!
山際に車を止めて仮眠を3時間程取り、帰路につきました。

初夏の木曽川釣行

雨が降らずにコンディション的にはイマイチですが今週も釣りにまいりました。対して梅雨前なので今週も空気が爽やかであり、釣りには本当に良い季節です。
f:id:rcenci:20200607074044j:plain
今回も感染防止の為に其々の車での釣行と成り、水筒とお弁当持参です! 私のお弁当は下の娘が握ってくれた昆布お握り6個とお漬物です。同じ物を食べさせ同じ様に育てたのですが、お握りは上の娘が握ると大きく成り、下の娘な握ると小さくなります。
さて今回は久しぶりに上流部に入りました。入った場所は此の堰堤から下です。
f:id:rcenci:20200607074105j:plain

大物に備えて0.5号の仕掛けにジンタン4号でアマゴを狙いました。第一投で抑え込む様なアタリが出て、すかさず合わせるとスピード感溢れる強い引きです!浮いて来たのは幅広の大きなアマゴでした。無事タモ入れし手尺でら図ると微妙に尺あるかどうかでした。この分なら強い流れの中には更なる大物が居るに違いないと考え探ってみました。ゴツゴツっと手元まで伝わるアタリが有り、合わせたら先ほどとは違いトルクの有る重い引きです!釣れて来た魚は綺麗なヤマトイワナ(白い斑紋が無い)でした。立派な魚体ですが手尺で図ると今度も尺は微妙でした。大場所なのでまだ釣れるだろうと思ったのですが、良型2匹の取り込みで取り込み易い場所へ移動して水音を立てたのがマズかったかのか分かりませんがアタリは遠のきました。

次のポイントに移動です。f:id:rcenci:20200607074228j:plainこの堰堤は見事に水流が落ち込んでおりますが下はタタキなのです。堰堤下がタタキだと敬遠されガチですが、実は此の白泡の切れ目に良型が付いている事が偶にあるのです。
タタキの激しい流れでは魚が定位し難く、流しても釣れませんが、落ち込みの一部に落口の関係で緩い場所が幾つか存在し、其処をヘビー級重りの房付けで白泡の切れ目に餌が来る様に止めて釣ります。ロングランで此のやり方は不向きなので提灯釣りです! 仕掛けを張り直し、早速ミミズを投入すると小気味良いアタリで初夏のイワナが三つ釣れてまいりました。此処で自己制限引数に到達したので納竿致しました。今回も美しい渓魚に巡り合わせて頂いた事に対して木曽川竜神様に拝礼し感謝致しました。
最初の場所で釣れた微妙な暫定尺のイワナとアマゴは、車に帰って魚板に乗せて計測致しました処、やはり二匹とも残念ながら泣き尺でした。もう少しで梅雨となり雨で川が増水致しましたら大物の季節が到来しますので今後がとっても楽しみです。今回は先週は不調に終わった渓友も確り釣れてホッと致しました。毎回に於いて入渓場所を私が全て案内するだけに責任重大なのです。

左に写っている魚の尾鰭は渓友の釣果です。f:id:rcenci:20200607074311j:plain渓友の承認が得られずカット致しました。話は違いますが今回も木曽で購入したのは道の駅で買ったペットボトルのみです。釣りでお世話になってるので現地で食事をしたりする事がエチケットだとは思いますが、昨今の情勢を鑑みて先週と今週は控えております。

今年の解禁まで毎回親しんだ『車や』の蕎麦が脳裏に浮かびますが渓友に諭され、手だけ洗って帰路につきました。f:id:rcenci:20200607074406j:plain

緊急事態宣言解除後初めての釣り

弔意
昨日までに中共ウイルスで尊い命を亡くされた国内850余の御霊が安らかならん事を心よりお祈り致します。また現在入院治療中の方々の1日も早い回復を心よりお祈り致します。
                 平正良


まだ警戒を解く訳にはまいりませんが、今週は釣りに行ってまいりました。渓友会の先輩諸氏には其々自分の車で現地まで行くようにお伝えして三密防止対策をとり、尚且つ自家製お弁当持参での釣り旅です。早く魚に出会いたい気持ちを押さえて目指した川は木曽川本流です! 恥ずかしながら自宅待機中に制作した仕掛けの数は今迄に無い程多数に及び、過去最高のストックと成りました。鬼印の仕掛け巻きが相当な数を保有していたにも関わらず残存ゼロと成りました。

今回国道沿いにある吉田洞門横の本流上にある堰堤から菅川合流までです。

入って直ぐのポイントです
f:id:rcenci:20200530220710j:plain

季節はギリギリ風薫る5月で有り、周囲の山々が3月解禁直後のモノトーンと比べて美しい緑に彩りを変えておりました。私にとって5月の木曽に来れた事は僥倖です。何故かと言うと、釣れるであろう魚が木曽では皐月イワナに皐月アマゴと呼ばれ、渓魚がとても美味しい時期だと地元の方に聞いた事が有り、実際に太い魚体でプリプリして、毎年とても美味しく私も頂いております。

入渓点より川に滑り降り(落ち)、実釣開始です! 上の写真のカケアガリからヒラキの部分に良形アマゴが付いている場合が多いので慎重に流しますと『居食い』しているアタリが出ました。空かさず合わせると、25cmの幅広で立派なタナビラが釣れてまいりました。後はお子ちゃまアマゴが団体で登場頂きましたが、お帰り頂きました。さあ此処からは大物ポイントです!尺アマゴを狙って流しますが朝方は寒かったせい(本当はウデのせいです)か出ません。切り換えで底を狙うつもりで軽い重りからヘビー級の重りに直して深みを狙いました。止まるはずの無い処で水中の目印が止まりましたので合わせると、久しぶりの強い引きです。暫くのやり取りで上がったのは今期初の尺イワナでした。木曽川竜神様に手を合わせて御礼申し上げました。同じポイントで自己制限の5匹と成りましたので納竿致しました。

緊急事態宣言中に待ち望んだ木曽川の魚に会えて幸せでした。
f:id:rcenci:20200530221153j:plain

何時もならお蕎麦屋さんに向かうのですが、本日は新型コロナウイルスの事も有ったので上の娘が作ってくれた持参のお弁当、仲間は其々用意したモノを食べて早いお昼と致しました。話は変わりますがハナモモの時期は逸しましたが、本日の木曽は百花繚乱です!とても美しい景色で我々を癒してくれました。早く変な病気が治まり、宿屋さんや御食事処が活気付いてくれれば有り難いです! 楽しませて頂いているのですから、地元でお金を使い、ほんのチョッピリでも地域経済に貢献する事が本来ですが、今回は道の駅で娘達のお土産を買っただけで、後ろ髪引かれながら木曽を後に致しました。
f:id:rcenci:20200530221307j:plain
f:id:rcenci:20200530221422j:plain
f:id:rcenci:20200530221444j:plain

刀剣仲間が保有する脇差

本日は先日ご紹介した大隈守廣光を持つ友人とは別の友人が保有する脇差をご紹介致します。友人とは同じ会社で20年程の知己で有り、私とは長い付き合いと成ります。仕事上では頭上を飛び交う銃弾の中で日々匍匐前進で前に進み、例え身に小傷を受けても決して怯む事無く愚直に少しでも前に進み続けた殊勲の男なのです。京都の宇治出身で私とほぼ同世代と言うこともあり、昔の話が全て通じます。尚且つ酒と食べ物の趣向が全くもって同じなのですから馬が合わない訳がありません。今回はそんな後輩が保有する脇差をご紹介致します。位列が高い刀工でも無く、美術的な価値が高い物では有りませんが、制作された当時の時代背景を考えて鑑賞致しますと、現在に生きる私達に何かを語りかけて来る雰囲気を持つ一口だと考えます。私の感覚的には何となくですが持ち主の雰囲気と良く似ております。  

透漆鞘龍図金具脇差拵え
f:id:rcenci:20200523162634j:plain
薩長同盟が結ばれた地に立つ記念碑
f:id:rcenci:20200523162814j:plain

脇差の紹介
銘(表)田子駿河守正弘 (裏)慶応二年八月日
刃長33.3cm 反り0.75
少し怖い話を致します。刀の造り込みには種類が有り、通常は鎬造りと呼ばれる造り込み方法ですが、平造りは短刀や短めの脇差に多く見受けられ、合戦で組み伏せた敵の首を掻き易いと伝わります。現在においては鎬造りに比べて刀の表面の地鉄が鑑賞し易く、見処の多い造り込みと考えます。以下は専門的な言葉で特徴を現したものです。『平造りで三ツ棟 地鉄は小板目肌流れこころに良く詰む 地沸が微塵につき細かな地景入る 刃文は互の目乱れに丁子刃交じる 匂い口深めに沸づく 互の目足入り葉働き刃縁に金筋絡み砂流しかかる 湯走り入り飛び焼きかかる 茎の鑢は化粧に筋違い』総じて相伝備前の様相を呈します。

此の白鞘には鞘書がございます。
f:id:rcenci:20200523162910j:plain
先反りがついております。
f:id:rcenci:20200523162949j:plain
差し表
f:id:rcenci:20200523163016j:plain
差し裏
f:id:rcenci:20200523163047j:plain
互の目乱れの刃縁はよく沸づいてます。
f:id:rcenci:20200523163129j:plain
沸を拡大致しました。
f:id:rcenci:20200523163151j:plain

正弘は奥州二本松藩お抱えの刀工であり、有名な水心子正秀から続く一門で作刀を学び、事を成し得て師から直心子の号を授けられました。

時代背景
此の刀工が活躍した頃、奥州二本松藩の第10代藩主である丹羽長国公は京都警衛などを任され、水戸天狗党の乱の鎮圧などに其の手腕を発揮致しました。しかし戊辰戦争においては奥羽越列藩同盟に参加し、薩長率いる新政府軍と果敢に戦いましたが時の流れは二本松藩に味方せず、慶応四年七月に夏空の中で繰り広げられた『二本松の戦い』に敗れ二本松城も落城致しました。時は正に激動の時代であり、幾度のなく場所を変えて勃発した戊辰戦争は敵味方とも其々お互いに『守るべき物』を守る為に命をかけて戦ったのです。新しい日本が生まれる過程で起こった最後の国内闘争ですが、白虎隊など日本人なら誰も胸が苦しくなる悲話だと考えます。


f:id:rcenci:20200523163216j:plain
裏年紀
f:id:rcenci:20200523163241j:plain
雲龍図鍔
f:id:rcenci:20200523163335j:plain
厚い雲の中を縦横無尽に龍が駆けております。銘は正久と有りますが、正久は本名平八郎と言い、武州伊藤派の鍔工です。

鍔の裏です。鍔の表に彫られた龍のお腹が雲の切れ目から出ております。刀の鍔は彫物のスペースが極端に限られた部分しか有りませんが、工夫された鍔工の意匠は本当に面白いですね!
f:id:rcenci:20200523163404j:plain

田子駿河守正弘の見処
此の脇差は裏年紀に慶応二年八月日と有ります。此の年は奇しくも薩長同盟が締結された年で、他には有名な寺田屋事件などが起こっております。その後約二年程で戊辰戦争の『二本松の戦い』と成り、正弘が禄を食んだ二本松藩二本松城落城と共に負けてしまいました。私が此の脇差を握り鑑賞すると勝手な妄想をしてしまいます。妄想の中身としましては坂本龍馬の仲介で西郷さん等と桂小五郎高杉晋作等が小松帯刀邸の一室に介して同盟を結んだ光景を思い描いたり、二本松藩側も待ち受ける討幕軍との一戦に慌しく備えている情景などが脳裏に浮かびます。そんな中で二本松藩士の一人が此の脇差の注文を刀工駿河守正弘に願い出て、正弘も想いを込めて此の一刀を打ち上げたのだな...と考えながら此の一刀を視ると何故だか胸が熱くなる気がするのです。尚、此の脇差には実直な奥州二本松藩藩士らしい当時の拵えが付属しております。拵え全体的には決して華美な物では有りませんが、注文主が一戦に備えた不退転の意思を昇り龍に託し、天に届ける為に誂えた龍の総金具が装着された質実剛健な一品です。上述した様な事を鑑みますと此の脇差明治維新前の歴史を具現化している品の一つである事は間違い有りません。自分の周りに其の様な歴史の証である美術品が存在すると、自ずと其の歴史に興味が湧き、本などの資料を購入して前後の時代背景を勉強し直す事も此の趣味における楽しみの一つですね! 研究の最中できっと今迄知らない新しい内容が心ときめかしてくれると思います。
因みに年紀の八月日の事ですが、此の時代はまだ旧暦を使用しておりましたので、八月は現在の九月にあたります。いつの頃から言われていたかは勉強不足で知りませんが、三月と九月は彼岸の季節であり『暑さ寒さも彼岸まで』と言われている様に温度が一定の時期に刀の焼入れを行っていたとされております。また彼岸の水には強い霊力が宿り、其の強い霊力の水を使い焼入れをしたなどと伝わります。実際の処は何方の理由か分かりませんが、多くの刀工が裏年紀の末尾に二月日と八月日を多く切っている事は間違いありません。

写真の正弘の脇差には今後とも我が友人の家を病気や災難から守護し、家運を上げ、子孫繁栄に導いてくれる事を切に望んでいる次第です。