みすゞかる 信州の釣り人

体重0.14tの釣り師ですので目立つのが悩みです。 今までは写真を撮って釣行日誌としてましたが今後はブログとして趣味の歴史探索や刀剣も含めて綴ってみます。

家族で三島大社参詣

f:id:rcenci:20191116184900j:plain

本当に大きい御本殿、重要文化財です
 
 
鎌倉幕府を開いた源頼朝が公が崇敬した神社である三島大社は、近そうで中々行けてない神域でした。私の会社は研修所が三島に有り、入社以来27年間、三島の駅は本当に良く利用しておりましたが、用事やら何やらで行けなかったのです。
 

f:id:rcenci:20191116184937j:plain

拝殿も立派です。七五三と重なって、とても賑やかでした。
 
 
三島大社伊豆国の一宮であり東海随一の御神格です。平治の乱源頼朝公の父である義朝公は尾張国野間(愛知県知多郡)で味方の裏切りで殺されてしまいました。頼朝公も近江で捕られ六波羅へ送られ、死罪が当然でしたが、平清盛公の継母である池禅尼の嘆願により一命を助けられ、伊豆蛭ヶ小島へ流されました。流された頼朝公は三島神の御前で源氏再興を祈願していたとの事です。頼朝公が功成って鎌倉幕府を開くと、瞬く間に三島神の御真意が全国に伝わり、特に武家より深い崇敬を受けたとの事です。三島神とは三島大社の御祭神の事ですが、木花咲耶(富士山の神)と磐長姫(浅間山)の父神であり山神様の総本家である『大山祇命』とエビス様で有名な『事代主神』のニ神をさします。頼朝公は日本中にある山々の神と国土を作った大国主命の長男であ事代主神を味方にしたのですから最強です。対して平清盛公も厳島神社を深く崇敬し、アマテラスがスサノオの十拳の剣を噛み砕いて産んだ宗像三女神深く崇めたのですが、何処かで神意に背いてしまったのか? 尤も頼朝公も鎌倉幕府を興しましたが、血筋は三代で滅びましたので複雑ですね。
 

f:id:rcenci:20191116185032j:plain

境内の樹齢1200年の金木犀です。桓武天皇長岡京へ遷都して直ぐに芽を出した計算に成ります。1200年続いた香りは、さぞ素敵な香りであると想像致します。
 
 

f:id:rcenci:20191116185126j:plain

北条政子勧進したとされる厳島神社です。平清盛公が崇敬しておりましたのも厳島神社てすね! 偉大なるNo.2の北条氏も平家の流れを組む者ですからでしょうか?


三島大社の宝物館
武家から崇敬されていた大社だけに太刀の奉納も多かったとされています。越後の英雄である上杉謙信公も此の大社に太刀を奉納しております。現在は上野の国立博物館に収蔵され国宝指定を受けております。此の太刀には兵庫鎖太刀拵えが付随しております。福岡一文字派の作で、茎に『一』と銘が切られております。此の宝刀は元々関東管領上杉家に伝わったものを、謙信公が三島大社に奉納した事により、杉太刀と名付けられております。時代を経て明治天皇が巡幸のおりに大社に数度立ち寄り、杉太刀に深く関心されたので明治20年に大社が併せ持つ北条太刀と共に皇室に献上され、明治22年東京国立博物館に移管されました。明治天皇は先の事の返礼として、福岡一文字宗忠の太刀を三島大社に奉納され、現在は重要文化財指定を受けておりますが、残念ながら本日は公開されておりませんでした。本日の展示刀は素晴らしい拵えの付いた宇田国宗脇差地鉄が精美な伊勢守国輝もございました。他にも頼朝公に関する物が多く、興味が尽きませんでした。然し一番圧巻でしたのが下原廣重作の大太刀です! 

f:id:rcenci:20191116185225j:plain

f:id:rcenci:20191116185244j:plain

地鉄は小板目と通常の板目がまじり、三品物のように少しザングリした感じです。刃文は互の目乱れですが形が其々違い小丁子も有れば尖り刃も有りました。沸が強く島刃が見られ地沸の入る様凄まじい大太刀です。同工の中でも傑作の感がございました。
 
 

f:id:rcenci:20191116185324j:plain

名物福太郎餅を頂きました。餡子がリーゼントに見えて楽しい名菓でした。

甲斐国 一ノ瀬 父と伯父さん達の凄さ (グロい写真がありますので閲覧注意です)

亡妻の父、私に取っては義理のお父さんと一緒に山梨の一ノ瀬にある別荘に参りました。父の兄である叔父さんと父の弟である叔父さんと合わせて4人ですが、皆さん山のプロ中のプロですので話す内容が私に取っては面白くて、何時もお酒が進みます。この別荘は元々父や伯父の家があった場所ですが、家が倒壊しましたので、伯父が跡地に建てたものです。今回は訳あって仕留めたばかりの鹿さんを長兄の叔父さんの友人から頂きました。

f:id:rcenci:20191111212754j:plain
立派な雄の鹿さんです。


f:id:rcenci:20191111212823j:plain
なんで菜食なのにこんなに大きいのでしょうか?


此れから解体して今日は鹿刺だ〜との事! 解体して....? 私は初めての経験です。イワナのお腹を処理するのと訳が違います。刃物好きの私なのでキノコが有ったら取ろうと考え、ナイフは数本車に積んでます。まず皮を剥いでその上で解体するとの事です。足首をグルっと一周切れ目を入れて其処から皮を剥がしました。綺麗に剥がれてビックリ致しました。此処からは少しグロいので説明を省略いたします。骨はシチューにレバーは野菜と煮込んで食べるそうです。内臓も綺麗に洗って煮込んで食べると絶品との事でした。大まかな解体が終わると、更に細かい部位に分けて行きます。私は慣れない格好で腰が痛くなり休憩です。

夕飯には背ロースの刺身、鹿肉のタタキ、ホップレートでの焼肉と盛り沢山です。全くクセが無く本当に美味しいのです。ニンニク醤油で頂く鹿刺は本当に絶品でした。叔父さんと云く、鹿さんは油分が少ないので簡単と事で皮下脂肪が多い猪や熊は更に大変であり、馬は大型なのでもっと大変だとの事です(え? 熊? 馬?) スーパーで売っている肉も今後は感謝しながら購入しないとダメだなと思いました。同時にお酒の量も程々を超えてしまい、お布団にはいると即寝てしまいました。

柴犬の能力

f:id:rcenci:20191105114246j:plain
寝ている処を起こした不機嫌なヤマト


我が家の留守居役であるヤマト君です。以前も此のブログで綴りましたが、寝る時に大イビキをかいて寝ます。たまたま偶然にも私の郷里である千曲市の生まれでした。小さな頃はコロコロして大丈夫かな?と思いましたが、現在は柴犬の中では大きな部類に入る程に成長しております。今回はそんなヤマトの留守居役としての能力をご紹介致します。実は此の子は家族が玄関まで歩いてくる音で家族であると気が付くのです。簡単に説明すると、どんなに大イビキで眠入っておりましても娘が玄関まであと10mくらいに近づくとムクっと起きて『キュン』と鳴きます。此れが身内では無く宅急便の配達の方だと『キュン』では無く『わ.わ.わ〜ん』に成るのです。どうやって気が付くのか分かりませんが、寝ていても直ぐ飛び起きます! 因みに下の写真が飛び起きた顔です。眠気も何も無い顔をしております。

f:id:rcenci:20191105114516j:plain
玄関を向くヤマト(長女バージョン)


良く気が付いたと褒めると思いっきり照れます。そんなに照れなくても.....と思いますが、照れてる写真が次の写真です。

f:id:rcenci:20191105114556j:plain
照れてます


小さな頃から褒めていたからか分かりませんが犬の能力は本当に素晴らしいですね! 私の大学時代の先生で民俗学の先生が、猿蟹合戦は本当は人間用の作物を外敵から守った犬と略奪を狙った猿の戦いであったと話されておりました。日本に於いては、縄文時代の遺跡から犬と人間が共に埋葬されているモノが見つかっているなど数万年前まで遡る事が出来ます。犬族と人間は太古から良きパートナーなんですね!

更科でのキノコ取り

三連休で実家の母親の顔を見に参りました。金曜日は会社で表彰式があり、腹心の部下2人が参加致しました。1人は主任(課長代理)で、1人は3年目の女性社員です。本当に此の半期頑張って貰った我が支店の宝です。表彰状を受け取ってる光景を見ると胸が熱くなりました。その後の宴席も気分が良く、お酒も進み今朝の朝方は痛い頭と相談しながらの出発となりました。私が里帰りする場合は中央自動車道を更埴インターまで行けば時間的にも速いのですが、釣り師といたしましては台風明けの川が気になります。須玉でおりて清里、野辺山分を通り、峠を越えて佐久から五郎兵衛新田を抜け、望月に入り立科町を経由し平井寺トンネル越えのルートを選び好きなポイントを見て回りました。支流においては渓相こそ大分変わっでましたが、大きな変化は有りませんでした。本流は護岸のコンクリートが破壊されたり、何故かガードレールが川底に突き刺さっていたりで酷い事になっておりました。あり得ない高さに流木が絡まっていたのを見ますと凄まじい流れだった事が理解出来ます。行方不明の方を合わせると100人近い尊い命を奪った自然災害の恐ろしさを感じました。
色々見て回り実家には昼頃の到着となりました。此の休みは嫁いだ妹も遊びに来ておりました。食事をしている時に母親がキノコ取りに行こう〜との事なので皆で出かける事に成りました。通い慣れた山道を通り、現地に着いて入山したらビックリです! 沢山の栗茸が我々を迎えてくれました。時期的には遅いので栗茸狙いでしたが大正解です。母親も大喜びで『栗茸ご飯作る』と張り切ってます。

f:id:rcenci:20191102175111j:plain
栗茸の株


f:id:rcenci:20191102175143j:plain
これも旨そうな栗茸


f:id:rcenci:20191102175219j:plain
倒木によく生えてます


f:id:rcenci:20191102175308j:plain
木の隙間にも生えます

f:id:rcenci:20191102182843j:plain
ジナメコと呼ばれているキノコです


f:id:rcenci:20191102175715j:plain
これで半分、沢山取れました

餌箱の制作

やっと餌箱の胴部分が出来あがりました。此処からカシューを薄く何層にも塗り込みます。二回ほど薄く塗って三回目に10年以上国語辞典に押し紅葉していたペラペラの葉を貼り付けました。赤い紅葉の葉と緑の紅葉の葉を押花ならぬ押し紅葉しておりますが、破れたりして完璧な姿のままは稀です。乾くまで7日から10日掛かりますので完成迄は気の長い話になります。

f:id:rcenci:20191030114938j:plain


あと此処から7回〜8回塗り重ねて部品を取り付け完成です。中と外で交互に塗って参ります。丁寧に塗り重ねる事でシーズンオフに多少の傷なら目の細かい砥粉で磨いて1〜2回塗ったら綺麗になります。

決意の短刀拵え

綴るか否か悩んだのですが綴る事にしたので書き残します。私に取っては決意の印となる短刀拵えの話です。女々しい箇所も有るかと思いますが免じてお許し下さい。
平成24年の春に妻の乳癌が見つかり最寄りの病院で検査の後に手術致しました。術後一年弱で摘出場所に再度癌が見つかり再手術致しました。その後しばらくして妻の体に遠隔転移が見つかり化学治療を繰り返しましたが平成29年4月29日早朝に2人の娘に心を残して他界してしまいました。4月1日に次女の高校の入学式に妻は同伴したかったのですが、叶えられずに式後に病室を訪れた真新しい制服の娘に笑顔を見せていたのが今でも脳裏に焼き付いております。その後お葬式などで慌ただしく時は過ぎました。しばらくは家の何処に何があるのか?全く知らないので本当に困り、全て自分で整理するのに一ヶ月程掛かりました。15年程前に父親を亡くした時は、大きな傘が急に無くなった感覚を覚えましたが、妻の場合は更に強烈な表現出来ない程の大きな失望感でした。然し娘2人と信州更科に住まう母親と他県で暮らす妹夫婦と自分の職場の部下27名とその家族の為に意気地の無い事では全く前に進みません。其処で気持ちを切り換えるのは無理でしたが、行動を切り換えました。高校生の時に陸上部の恩師にキツイ練習で嫌になっても、『まずグランドに立つ事だ.....立てば体が勝手に動く』と教えられた事がその時は大いに役に立ちました。
然し....私が懸念した事は、今後私が死んで、娘達も嫁ぎ他家の者となり、娘の子供の代となったら、我が妻の事を誰も知らなくなって仕舞う事でした。そんな事だけは絶対に承知出来ません。其処である一つの方法を思い付きました。通夜や出棺前など最後の場面で妻の体の上で悪霊から妻の体を守ってくれた短刀に拵えを作ろう! 其処には妻の干支の目貫を付けて、小柄裏の平地に妻の名前と娘2人を立派に育てた事を刻み込んで後世に残そう!そしで娘2人に家宝として伝えよう!
 
思い付いたら速攻が私のやり方なので、以前より名前だけ知っていた大阪の刀身彫刻師に連絡を取り、妻の干支である猪の目貫を金無垢で誂える事と我家の家紋と妻の家の家紋を施した小柄と小柄の裏の平地に妻が今生において成し遂げた事を彫る様に依頼しました。鞘には私の家と妻の家が婚姻を結んだ証となる様に両家の家紋を蒔絵で施す事と致しました。無理難題にも大阪の先生は快く引き受けてくれました。一年弱の製作期間を経て出来上がったのが此の拵えです。
 

f:id:rcenci:20191027174324j:plain

f:id:rcenci:20191027174350j:plain

黒漆潤み塗家紋蒔絵鞘合口拵え
 
 

f:id:rcenci:20191027174500j:plain

f:id:rcenci:20191027174517j:plain

岩崎範光氏の手による金無垢猪図目貫
 
 

f:id:rcenci:20191027174619j:plain

岩崎範光氏作 赤銅魚子地家紋高彫小柄 
 
 

f:id:rcenci:20191027180621j:plain
小柄の裏に彫り込んだ銘文(申し訳有りません、名前の部分は画像より消しました)

 
刀身は岐阜県関市在住の藤原正明(本名は吉田研)刀匠の短刀です。平成4年に登録されており、私の入社年次と同じなので自分の守り刀として以前購入しておりました。 
 

f:id:rcenci:20191027174742j:plain

藤原正明9寸4分 身幅広く重ね薄く平造り 表に護摩箸 裏に腰樋 鍛えは板目肌 刃文は小沸出来で広直刃調に互の目足入る 鍛えに沿って金筋しきりに入る 帽子は突き上げて丸くかえる  総じて相州伝の造り込み
 
まさか我が妻の体の上に守り刀として置く事に成ろうとは全く持って夢にも思いませんでした。此の刀と拵えは娘2人の結婚式に帯びて妻の魂魄と共に2人の門出を見守ろうと考えております。当時に於いてお金をかける場所は此処では無いだろうという事も脳裏をかすめました。しかし妻が生涯をかけた娘2人の行く末を導く事と様々な事に対して私の決意の印として誂えました。

f:id:rcenci:20191027174830j:plain

餌箱の制作

台風19号の被害が時を経過する程に報道され、未曾有の大惨事である事が露呈しております。私の同級生の中にも被害を受けた家が有りました。命がけで雨の深夜に地域の半鐘を鳴らす為に滑る足元を顧みずに高い火の見櫓に登って住民を救った消防団の話も報道で知りました。あの高い千曲川の堤防を超える程の濁流を見てからの行動と知り、地域の消防団の深い結束と正義感に深い感銘を覚えました。全国から来て頂いてるボランティアの皆様に心から御礼申し上げると共に、改めて今回の台風で尊い命を落とされた方々のご冥福を心から御祈り致します。
 
 
9月5日のブログにも綴りましたが、友人から餌箱用にと譲って貰った古竹をカットしました。胴の部分ですが、上は指が入る深さを確保して、下は一節残して竹挽き用の鋸を入れます。沢山貰ったのですが下の部分から泥水を吸った物も有って合格は2つだけでした。周囲の肉を薄くするためにノミでカットしてサンドペーパーを掛ける作業を納得するまで繰り返します。機械があると簡単ですが、胴が本当の真ん丸だと胸の上で左右に転がるので微妙に緩急を付けます。そうなると機械で一気に均等に削る事は出来ませんので手作業となってしまいます。ところが此の作業は指が火膨れに成る程に大変なのです。
 

f:id:rcenci:20191019225657j:plain

 
写真を見るとご理解頂けると思いますが、コレでもノミの跡が残ってしまってます。再度ノミで削り跡を消しながらサンドベーバーを掛け、微妙な緩急を作り出してまいります。実釣を想像しながら釣道具を作るのは楽しいのです。然しなぎら親指火膨れ本番は此処からです。