みすゞかる 信州の釣り人

体重0.14tの釣り師ですので目立つのが悩みです。 今までは写真を撮って釣行日誌としてましたが今後はブログとして趣味の歴史探索や刀剣も含めて綴ってみます。

信濃の英雄 旭将軍木曽義仲公 13

※ 志保山の戦い 倶利伽羅峠の戦いに空前絶後の大勝利を治めた義仲公の元に急を要する一報が入って参りました。それは志保山に向かった源行家率いる源氏軍が平家軍に攻め立てられて敗色濃厚と言う内容でした。其処で義仲公は自ら2万の軍を率いて志保山に向か…

信濃の英雄 旭将軍木曽義仲公 番外編

一旦義仲公の物語とは外れますが、源平合戦という全国的な大戦で武勇の誉を受けた武将が合戦の後に過ごした半生を御紹介致します。倶利伽羅峠の合戦後に活躍した武将も含めて日本人なら誰でも知ってる有名な方々について御案内しようと思います。以下に御案…

信濃の英雄 旭将軍木曽義仲公 12

※ 倶利伽羅峠の戦い 義仲公は埴生に於いて兵を指揮するうち、森の中に神気を溢れる社伝を見い出しました。其処で越中の住人である池田次郎忠康を呼び、何の神をお祀りしているのか尋ねたところ、忠康は『八幡大菩薩を祀り 埴生八幡と称す』と答えたと埴生護…

信濃の英雄 旭将軍木曽義仲公 11

※ 盤若野の戦い 今井兼平と越中軍は固い決意の元に親不知を超えて神通川を渡り平盛俊が通るであろう場所に相手の行動を先読みして向かいました。今回の兼平隊には北陸武士団も加わっていたので、兼平隊の先読みには土地に明るい北陸諸将の進言が有った事は想…

更級の年の瀬

オミクロン株の事は心配でしたが、感染対策を万全にして娘2人と東京駅で待ち合わせして更級に帰郷致しました。松阪から近鉄特急で名古屋まで行き、名古屋から新幹線で東京駅に行って娘達と待ち合わせ致しました。娘2人と会うのも3ヶ月ぶりでした。そして新幹…

信濃の英雄 旭将軍木曽義仲公 10

※ 北陸での戦い平家の軍は北陸道に進軍している途中に民家だけでは飽き足らず、公家及び寺社の荘園から多くの物を税として略奪しておりました。踏み荒らされた荘園を管理する公家からは平家の棟梁である平宗盛に大クレームが入りましたが、宗盛は軍規を正す…

信濃の英雄 旭将軍木曽義仲公 9

北陸の諸将と出会い、勇将である宮崎太郎を介して『北陸の宮』と巡り会った義仲公は越後国府に有りました。其処に同じ源氏の頼朝公が率いる10万の大軍が迫っております。先週もご案内致しましたが、この頃の義仲公は頼朝公との戦いを避けるために依田城から…

信濃の英雄 旭将軍木曽義仲公 8

北陸への進軍物語の都合上により此処で少し頼朝公の話をしないといけません。頼朝公は横田河原の戦いの少し前に行われた富士川の戦いで勝利した後、平家を追い討ちせずに自分の地盤を固める為に一旦鎌倉へ戻ります。此処が政治の天才である頼朝公の少し違う…

信濃の英雄 旭将軍木曽義仲公 7

義仲公が平家に対して反旗の動きをしている事はあっという間に信濃国中に広がっておりました。その頃の義仲公は兼遠公の元を離れて根井行親の庇護を受け、拠点を依田城に変えておりました。春日大社にある国宝に指定されている大鎧です。 平安時代に騎乗で矢…

信濃の英雄 旭将軍木曽義仲公 6

※ 旗上げまでの経緯治承4年(1180年)に後白河上皇の第三皇子である以仁王(もちひとおう)が源頼政の説得により平家討伐の令旨を出します。此の時に頼政が以仁王に伝えた源氏の武将は50人を上回り、其の数の多さに以仁王は勇気づけられたと伝わります。信濃で…

信濃の英雄 旭将軍木曽義仲公 5

※ 鹿ヶ谷の陰謀(平家追討のキッカケ) ※ 治承三年の政変(後白河上皇から実権奪う)今日は二項目なので 少し長めですが、お許しください!義仲公旗上げの理由に付いてですが、色々な簡略化した文献で『令旨は木曽まで届き....』と書いてあります。しかし何故に…

信濃の英雄 旭将軍木曽義仲公 『番外編』

裏切り者であるのが? 大勢が見えた英邁であるのか? 明らかに天からの役割を持っていた漢 源三位源頼政の事を どうして書きたくて.....皆様は私の稚拙な文中に出て来た源頼政について、どう思われましたか? 私の記述が下手で悪者になっちゃっているかも知…

信濃の英雄 旭将軍木曽義仲公 4

まず大きな流れですが、平安時代の真ん中から藤原氏による摂関政治から院政に移り変わりました。摂関家は代々源氏と結び付きが強い傾向です。対して平家は上皇が住んでいる場所(院)の護衛をずっと担当してました。たまたまかも知れませんが、院政下では平家…

信濃の英雄 旭将軍木曽義仲公 3

今回から源氏と平家が歴史の表舞台に立つキッカケとなった保元.平治の乱のご案内となります。言うなれば源氏と平氏が朝廷や公家の争いの実働部隊としての地位から武家政権への移行となる過程で起きた局地的な合戦です。ただ其の過程の中で多くの血が流れまし…

信濃の英雄 旭将軍木曽義仲公 2

前回は平安末期におけるザックリとした武家の有様と源氏と平氏の成り立ちと台頭などを御案内させて頂きました(友人からは長すぎる〜と言われました)。しかし此の背景が分からないと中々厳しくて途中で挫折する場合が多いので繰り返します。最初は源氏も平氏…

信濃の英雄 旭将軍木曽義仲公 1

今回から私が第二の故郷と思っている木曽谷の英雄である旭将軍源義仲公についてご案内したいと思います。だいぶ昔の話ですが、2005年の大河ドラマであった『義経』で、義仲公の事を随分のと無粋に表現されている事が実に面白くありませんでした。また乱暴な…

去りゆく日

会社に勤務している者としての宿命に『転勤』がございます。其の転勤が今回は何時もより短い期間で突然にやってまいりました。社命により三重県松阪市への赴任です! 先週は松阪の営業所で前任の所長と引き継ぎを行っておりました。土曜日夜半に近鉄と新幹線…

千曲川イワナ釣り 最終釣行とキノコ採り

2021年の最終釣行は更科の実家に帰る事と合わせて千曲川水系となりました。実はしばらく更科に帰れなくなる事もあって、母の顔を見ておきたいと思ったからです。山はヨツヅミが映えます。霜が降る頃に食べると甘酸っぱくて口を尖らせた思い出がございます。 …

木曽川 ヒレ丸イワナ襲来後の尺一寸

今週は台風が来てましたので諦めておりましたが、不思議ない事に直前でルートが変わったのです。月曜日から天気予報を携帯に穴が開くらい見ておりましたが、此のくらいの雨なら大丈夫だろ〜と思って勇んで出発致しました。黄金色の稲が広がって美しい光景で…

木曽川 初秋のイワナ釣り

先週は諸事情があって釣りに行けませんでしたが、今週は満を辞しての釣行です。今年は気のせいか肌寒くなるのが少し例年より早い気が致します。木曽の渓魚の皆様も鮭科の本能に従って団体様一向で遡上してくれていると勝手に思い込んでの出発でした。現地に…

次女の懐剣拵え

このブログに2019年10月17に載せた『買い物 懐剣』にて紹介させて頂いた刀身に拵えを制作する為、府中の研ぎ師の先生を通して其々の刀職の方に依頼して貰いました。有り難い事に下の娘が来年成人式を迎える運びとなりましたもので、身に付ける振袖に懐刀を帯…

一年に一回だけ入る川

今期も残すところ数回の釣行となりました。当然のように今回も単独で何処にも寄らない弁当持参の一人旅です。出逢ったのは小鳥と鹿と無数の昆虫さんだけでした。今週は一年に一度しか行かないと決めている河川に向かいました。場所は諏訪湖に流れ込む河川の…

木曽川 イワナ アマゴ釣り

誰にも会わない、高速のインターでトイレにも寄らない、食事は必ずお弁当持参の釣りをして2シーズンめに入りますが、実に味気ないモノです。我が会は渓友会なので釣りを志す友人の会ですが、昨今の事情により本日も一人旅となりました。実は金曜日の夜に出発…

帰郷 北信のお盆

昨年も今年のお正月も更科の実家には帰省しませんでしたが、今回は新盆である事とモデルナのワクチンを家族全員が既に2回受けた事も有り、帰省する事と致しました。8月8日に地獄の釜が開いてから地獄の釜が閉じる迄は全世界のコロナにおける死者の多さを考え…

モデルナアームと思う処

モデルナ社のコロナワクチンを職域接種で受けました。1回目は何とも有りませんでしたが、今週水曜日に2回目を受けたところで少し変わった副作用が出てしまいました。私の場合は強烈な睡魔が襲って来たのです! 仕事中にも関わらず、デスクで1時間程の大爆睡…

釣りの合間に見つけた石像の考察

前回の木曽釣行の時ですが、次のポイントへ向かう途中に飲み物の自動販売機を見つけたので三矢サイダーを購入しました。暑かった事もあり、その場でスクリューキャップを外して腰に手を当ててラッパ飲みしておりますと、住民の皆さまが利用されるゴミ置き場…

木曽川 イワナ アマゴ釣り 暑い日

全国的に梅雨が明けました。連日酷暑が続いております。これからは夕立ちと台風のタイミングが重要となる事と共に、朝一のポイント選びが明暗を分ける事に成ります。しかし本日は不覚にも車中で寝過ごしてしまい、朝一のタイミングを棒に振ってしまいました.…

木曽川 イワナ アマゴ釣り 梅雨明け

金曜日の夕方に思い立って木曽川にまいりました。梅雨明けで厳しい釣りに成る事は充分に理解しておりましたが、眠眠打破を2本飲んで高速をとばして来てしまいました。当然今回もサービエリアさえ寄らない釣り旅です。食事も娘が作ってくれた弁当2つと2リッ…

千曲川 イワナ釣り  曇りのち晴れ

夏の渓は体力の消耗が激しく疲れやすいのは私だけでましょうか、恥ずかしながら私は普通の人の2倍ほど重力が掛かっておりますので運動量も2倍です。夏は其の分熱量も上がり、渓友に言わせると『雨...降ったっけ?』と聞かれるほどに汗をかきます(反対に冬は…

千曲川 イワナ ヤマメ釣り 雨のち晴れ

ピンポイント天気予報を今週何回クリックしたか分からないくらい千曲川流域の天気を気にしてましたが、『あまり降って無いな〜』と言うのが私の感覚でした。ところが現地に着いてみると朝一の千曲川は予想に反して増水の泥濁りでした。コリャ暫くダメだと思…